水出し緑茶をおすすめする理由

おはようございます。オーガニック日本茶通販専門店RICCOの増田まりです。



今日は緑茶を水でいれるメリット、「簡単においしくいれる」コツと、

「緑茶のうれしい+α効果」について書きます。


お茶をいれる時のポイントは「茶葉の量」、「水温」、「抽出時間」

この3つで味と成分に大きな違いがでます。


【茶葉の量】

3gいれるとちょうどいいおいしさ、2gだとちょっと物足りなくて、4gだと濃い。

たった1gの違い・・・もう感覚で覚えるしかない?! 

何度もいれれば慣れるかもしれないけど、それまで毎回の計量も手間だと思う。

最初の一杯からおいしく飲んでいただきたいと思っています。

せっかくのおいしいお茶が無駄になっては悲しい。計量もしくはティーバッグ入のお茶を。


【水温すごく大切】

熱湯や、80℃以上はダメ、70℃以下に冷ましたお湯使ってください。

80℃と70℃のお湯、触れてちがいが分かる方って多いのでしょうか?

私はあまり分かりませんでした。

でも、お茶をいれると80℃のときは、残念な味になります

70℃は、ちょっと熱くておいしかったです。(60~70℃おすすめです)


【抽出時間】

3~10分がおすすめ。15分以上おくと、苦みや渋味が出すぎてしまいます。


【水出しでいれると、さらにおいしくなります】

水でいれたお茶は渋味や苦味が出にくく、甘みを感じやすいまろやかで飲みやすいお茶になります。緑茶のうまみ成分には、脳の興奮を鎮めたり、リラックスさせたりする作用があります。RICCOの緑茶は、「水出しでおいしくいれられるブレンド」と「茶葉原料の苦みの少なさ」にこだわっています。


【水出し緑茶は、カフェインを減らします】緑茶は、低温で抽出するとカフェインが出にくい性質があります。水出し緑茶はカフェインが減るので、カフェインが気になる方にもおすすめです。水道水を使っても十分美味しくいれられますが、湯冷ましや浄水器の水、ミネラルウォーターで作るのがおすすめです。


こんな実験があります

「煎茶3gに対して、20,50,70,90℃の水200mlで各2分間抽出

カフェインは20℃では10%しか抽出されないが、50℃で約25%、70℃で52%、90℃で70%

水温が高くなると急激に溶出率が上昇した」 


(茶の辞典p482. (朝倉書店)より堀江秀樹ほか(2001):茶業研究報告No.91:29-33)


例えばおうちでクッキーを焼くときに、砂糖の量を少し減らして、

市販品より甘さ控えめのものをつくる。自分で作ると、それが可能ですよね。


緑茶も、自分でいれると 「出来上がりのお茶成分」を変えることができます。

お茶の味も変えられます。ぜひ、お好みのお茶をいれてみてください。


<<<おまけ>>>寒いから緑茶はホットで飲みたいときは?

→できあがった緑茶を電子レンジや鍋などで温めても、成分は変わりません。



------------------おしらせ-------------------------

こどもとたのしむ有機茶Kids TEAについて

二児の母が、子育てを通して生まれたオーガニックティーです。

子供たちが苦手な、お茶の苦みを極力減らしつつ、

日本茶の繊細な旨みを味わえるように工夫しています。

水出しでおいしくいれられる、ティーバッグ入りの緑茶。

日本茶の苦みは、原料から製品となる「お茶をつくるとき」と、

買ってきたお茶を家で飲む、「お茶をいれるとき」に出やすいので

この両方の苦味を減らすと、苦くない緑茶が飲めます。

5gティーバッグ20個入 1500円(配送料込)

https://www.ricco-japan.com/kids-tea

#水出し緑茶 #こども #お茶 #有機茶 #ティーバッグ #オーガニックティー #お手伝い #食育 #のみもの #習い事 #好き嫌い #緑茶 #煎茶 #日本茶

0回の閲覧
Original.png

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon