オーガニック(​有機栽培)とは

農薬と化学肥料を3年以上使用しない田畑で、栽培したものを有機農産物といいます

「オーガニック」と「有機栽培」は同じ意味で使われます

有機農業とは

(1)化学肥料や農薬を使用しない、(2)遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、環境への負荷をできる限り低減する農業生産の方法を用いる農業です

有機JASマーク

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、登録認証機関で検査・認証された農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられます

もっと詳しく

農林水産省ウェブサイト 有機農業の推進に関する法律第2条による定義

What's ORGANIC?

農業全体に占める日本の有機農業

日本の有機製品は、流通量が少ないうえに、価格が高いことが多いという声をよく聞きます。

農業全体に占める日本の有機農業の割合は、0.2%。ドイツは約6%、イタリアは約9%

有機農業の推進に関する 現状と課題

​ある茶畑で、これから新たに有機栽培をしたいとき、最低3年間、環境を整えるまでに時間必要です。有機栽培の緑茶は、通常の栽培方法と異なります。農薬や化学肥料を撒かないということは、除草剤・殺虫剤を撒く代わりに、それらを手作業で行うということです。通常の農作業に加えて暑い夏に草取りをしたり、茶葉に虫がつかないように工夫をして。時間と手間をかけて作られています。土壌や気候の課題もあり、必ず成功するものではありません。

本来持つ力を生かし、余計なものを加えない

オーガニック栽培は、単に農薬や化学肥料を使わないで育てることではありません。本来の生命力を生かし栽培することで、土壌が元気になる。そうすることで、地球環境への負担を最小限にすることができる。

 

オーガニックな製品を日々の生活に取り入れること。

それは、「人と環境に優しく」という意思表現のひとつ。

私たちは、そんな想いで製品を作っています。

Original.png
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶