こどもがおいしく飲める「水出し緑茶」のいれかた


こども達は、苦味、渋みが少なく、すっきりした味わいのお茶が飲みやすいようです。

麦茶やほうじ茶とちがい、緑茶はいれかたにより、味が変わります。

子供がごくごく飲める緑茶の作りかたをご紹介します。


 こどものお茶のいれかた 

・湯冷まし(20℃)750~900ml ・ティーバッグ1つ(茶葉5g) ・抽出時間:30秒~10分 お好みの濃さになったら完成 ​

ポイントは、水の温度抽出時間の2つ。


水の温度:おすすめは、常温の水。

できれば、いちど沸騰させた後、常温にじっくり冷ました湯冷ましを使います。

お湯でなく、常温の水を使ってお茶をいれると良い理由は、

できあがりのお茶が、各段にまろやかな味に仕上がること。

常温の水でお茶をいれると、カテキン、そして微量のカフェインをバランスよく抽出し、うまみ成分である「テアニン」をじんわりと引き出すことができます。苦くないのに、お茶の味がします。

抽出時間:長時間の抽出を避け、10分以内の短時間

緑茶は、味覚の繊細なこども達に届けたい、旨味と繊細な香りを持ちます。

長時間抽出の緑茶は、子供が飲むには苦渋味が強く出すぎることが多く、それらが隠れてしまいがちです。緑茶の種類によって、茶葉の最適な抽出時間が変わります。

RICCOのこどもとたのしむ有機茶Kids TEAは、苦味を極限まで減らした茶葉を使用し、低温・短時間で抽出できる茶葉を厳選しています。



緑茶にはカテキン、テアニン、適度なカフェインなど、健康に良い成分が含まれています

虫歯予防、アトピー・花粉症予防、知的作業能力アップ、運動能力アップ、冷え解消など、

こども達にも良いことがたくさん。

有機茶の香味をお子さまと一緒にお愉しみいただけますように。




【こどもとたのしむ有機茶Kids TEA(有機煎茶)】 5g入ティーバッグ×20個入 1袋 ¥1,500- 送料込


​平日毎日作ると、約1か月分

園や学校の水筒にもおすすめです

0件のコメント

最新記事

すべて表示