緑茶はカフェインを含むから、子供に飲ませてはいけない?


カフェイン摂取量は海外では〇才から〇才は一日**mgとか、一日につき体重1kgあたり*mgといっためやすもあるようですが、国内では明確な指標や研究結果がないのが現状です。控えたほうが良いと言われます。あと緑茶にはカフェインのほかにタンニンというこどもや妊婦さんが避けたい成分も入っています。その一方で、緑茶のカフェインはタンニンと一緒に摂るので体内での吸収がコーヒー等に比べると緩やかになるそうです、また微量のカフェインは身体機能の発達に良いとも聞きます・・・。


オーガニック 煎茶

【お茶を飲んだことがないこども達が多すぎるんじゃないか】 こども達がほんとうに避けるべきものは日本茶なのか、ということ。

煎茶って良くないと聞いたから飲ませたことがなかった、

大きくなって飲ませたら苦いと言ってこどもが飲みたがらない

という声をほんとうによく聞きます。お茶は健康に良くて、海外でも注目されている、日本が誇るスーパーフードなのに残念な限りです。

「台所でいれてコップに注いで出した緑茶」を子供が飲めないのは、「食べなさいと強制されて食べるまずそうな野菜」を嫌がるのと似ています。

おいしそう、食べてみたいと思うしくみをつくっておくこと、そうするとこども達は次第に好きになります。

甘くて、香りのついたものとは、そもそも与えかたが違うということです。

砂糖入りのココアやチョコレート、コーラ、甘みの強いお菓子やジュース、これらは練習しなくても飲んだり食べたりできる子がほとんどです。

ココア、チョコレート、某炭酸飲料にもカフェインが含まれています

【オーガニック日本茶は、なんのために飲むのか】

緑茶は、成分としては積極的に摂らせたいけどカフェインが入っている。飲んでいいのか分からないからとりあえず子供のうちはやめておこう、なんてもったいない。私はそう思っています。「緑茶=カフェインは悪=こどもNG」とらえるのではなく、緑茶の理解を深めメリット・デメリットを理解したうえで、日本茶を飲むメリットに焦点を当てオーガニック日本茶をこどもが飲むことを広めていきたいなと考えています。

・静岡県の上質な日本茶を、こどもと楽しむスタイルを提案すること

・農薬・化学肥料を一切使わず栽培した貴重な茶葉を、大地と生産家さんに感謝していただくこと ・カフェインを減らしてこどもが美味しく飲めるお茶の淹れかたを提案すること ・砂糖や保存料の入った、買ってすぐに飲める便利な飲みものではなく、作りたての楽しさと美味しさにあんしんも加わった日本茶を提案すること

【子育てにオーガニック日本茶を】

一日一杯、日本茶を飲む。これを続けていったら日本に昔から伝わる食生活の良さを見直すきっかけになって、自分の子供が大きくなる頃には、花粉症とかアレルギー、アトピーの子供たちが現代より減って、キレるこどもたちも少なくなったらいいな、と思います。

食は健康をつくるもので、毎日の積み重ね。でも、本気で食生活を変えるのは大変です。一日一杯のオーガニック日本茶を飲むことはそんなに難しくないと思う。水とティーバッグがあれば作れるし、買ったあとも肉やお野菜よりは保存もきく。日々の料理の献立を考えるよりもずっとハードルが低いのではないかと思います。

-----------------------お茶は、こども達の繊細な味覚をはぐくみます-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------RICCO Japanでは、かわいくてオシャレな日本茶のある生活を提案しオーガニック日本茶を子育て世帯に広める活動をしています。

Instagram: https://www.instagram.com/ricco_organic/

FACEBOOK: https://www.facebook.com/RICCO.Organic

赤ちゃんも飲める、優しい味わい

RICCO Japan(リッコジャパン)の オーガニック日本茶は、農薬・化学肥料を一切使わず栽培しました。お取り寄せはこちらから https://www.ricco-japan.com/shop

母と子のためのオーガニック日本茶サロン RICCO

赤ちゃんとママのための、お茶のたのしみ方をお伝えしています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------RICCO Japan------------------------------------------------------------


0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもがおいしく飲める「水出し緑茶」のいれかた

こども達は、苦味、渋みが少なく、すっきりした味わいのお茶が飲みやすいようです。 麦茶やほうじ茶とちがい、緑茶はいれかたにより、味が変わります。 子供がごくごく飲める緑茶の作りかたをご紹介します。 こどものお茶のいれかた ・湯冷まし(20℃)750~900ml ・ティーバッグ1つ(茶葉5g) ・抽出時間:30秒~10分 お好みの濃さになったら完成 ​ ポイントは、水の温度と抽出時間の2つ。 水の温度