top of page

2023年9月のこどもわがしのテーマは、「あじわう、親しむ」和菓子作り


京都の製餡所から、美味しい栗入りのあんこが届きました。

9月基礎A「みのりのあき」くりあん入りのねりきり「くり」をつくります

外側のあんの着色は、ココア、きなこ色々試作しましたが、栗の味がよくわかる、くりあんを味わうシンプルレシピにしました。

レッスンは、お子さんがひとりで作れるように、ゆっくり進めていくので大丈夫。一緒に楽しく作りましょう♪


A(基礎)メニューは、3・4歳のお子さんや、はじめての和菓子レッスンにもおすすめの構成になっています




9月B応用「おはぎ」

おはぎが初登場です

春と秋のお彼岸に食べるおはぎは、

こどもの成長や家族の健康を願い、

亡くなった人をしのんでお菓子を味わいます。


表面のあんこを、萩の花が咲き乱れる様子に見立てて

「萩の餅(おはぎ)」の名前がつけられたといわれます。

こどもわがしでは、手のひらサイズの

まんまるおはぎに、菊のお花を飾って仕上げます。型抜きはみんなひとりずつ挑戦します♪




こどもわがしは、3歳から小学生が対象の和菓子教室です

ご予約はこちらから →  https://airrsv.net/kodomowagashi/calendar 「こどもわがしを予約する」


0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもわがし固定席1期生の声

毎月通っている方のアンケートより(一部) ▪️とにかく楽しい 「ものを作ることが大好きなので本当に楽しんで参加している」 「毎月の和菓子教室をワクワクして待っている」 「いろんな味を体験したり、手先を使う作業が魅力的」 「次は何を作るのかなと、楽しみにしてくれている」 「自分が作ったものを家族に食べてもらったり、感想を言ってもらえて嬉しそう」 ▪️技術も身に付く 「手先は器用な方ではないと思います

Comments


bottom of page