リッコジャパンは、全ての商品に有機JAS認証取得しています


「本来持っているそのものの力を生かすこと。余計なものを加えないこと。」

オーガニック緑茶は、通常の緑茶よりも手間ひまかけて丁寧に栽培したお茶です。農薬を撒かない代わりに、茶葉に虫がつかないように工夫したり、化学肥料に代わる自然由来の肥料はどれか茶の樹と相性を試したり、繰り返し何年も試したり、これなら大丈夫、となったところで茶葉になります。自然のちからで、安定して収穫ができるかも大切なポイントになります。

緑茶に限らず、オーガニック栽培とは単に農薬や化学肥料を使わないで育てることではなくて、そのものの本来の生命力を生かして栽培しているということ。そうすることで、地球環境への負担を最小限にすることができる。オーガニックな製品を取り入れることは、「からだとちきゅうに優しい」って大事なことだなって共感することでもあるのかもしれません。そういう考え方を自分のライフスタイルに取り入れたいという意思表現のひとつではないかと感じます。

RICCO Japanを始めてから、日々の出会いにわたしはとっても感謝しています。シンプルでていねいな、生きかたをしている方が多いような気がします。


-----------------------お茶は、こども達の繊細な味覚をはぐくみます-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------RICCO Japanでは、かわいくてオシャレな日本茶のある生活を提案しオーガニック日本茶を子育て世帯に広める活動をしています。 Instagram: https://www.instagram.com/ricco_organic/ FACEBOOK: https://www.facebook.com/RICCO.Organic 赤ちゃんも飲める、優しい味わい RICCO Japan(リッコジャパン)の オーガニック日本茶は、農薬・化学肥料を一切使わず栽培しました。お取り寄せはこちらから https://www.ricco-japan.com/shop 母と子のためのオーガニック日本茶サロン RICCO 赤ちゃんとママのための、お茶のたのしみ方をお伝えしています。 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------RICCO Japan----------------------------------------------


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもとたのしむ有機茶Kids TEA

【水出しでお茶をたのしむ理由】 いちど沸騰させ、じっくり冷ました湯冷まし。 これを使ってお茶を淹れると、 うまみ成分である「テアニン」をじんわりと引き出すことができます カテキン、そして微量のカフェインをバランスよく抽出できます 沸騰したてのお湯で淹れると、煎茶の苦味、渋味が強く出ます。 (緑茶の性質によるもの) 本来味わいたいお茶の旨味や繊細な香りが隠れてしまいます RICCOの水出しでおい

12月8日は、有機農業の日(オーガニックデイ)

各所で有機農業の日のお知らせを目にします。年々、オーガニックに関心のある方が増えている、有機について様々な方の意見や取り組みを聞く機会が増える。ただ日々をこなしていくのではなく、近い将来の子供たち、自分自身へつながる暮らしを築いていく。身近なこと、日々のことから少しずつ、未来につながっていけたら素敵だなと思います。 --- 農業の未来は、私たちのミライ。 有機農業推進法の成立・施行から 10 周年

Original.png

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon