top of page

「知ってたら、もっと小さいころから飲ませたかった!」


こどもが飲めるお茶というと、どんなものを考えますか?

優しい味のもの

カフェインが少ないもの

からだにいいもの

ママも一緒に飲めるもの

安心な素材でできたもの

RICCO Japanのオーガニック日本茶が大切に考えていることがあります。

「豊かな時間を過ごせるお茶であること」

それはこどもたちが、ただ水分補給をするためにではなく、

パパママの愛情を確かめながら飲める、豊かなお茶。


オーガニック お茶

月齢や好みに応じて濃さを簡単に調節できて、

赤ちゃん、こども専用ではなく、パパママも一緒に飲める、本格煎茶。

オーダーメイド感覚で淹れられる、こどもたちの繊細な味覚をつくるお茶。

初めから、ごくごく飲む子もいます。スプーン1杯、ちょっぴりな子もいます。飲む量よりも、飲んでみたいと思うかを大切に。透明な水が茶葉をいれたとき黄金色に変わるのを見て、おもしろいなと感じたり、これどんな味かなと興味をもってもらうのがお茶デビューの一歩になります。

暑いから水分取らせなきゃ!お茶も水も何も飲んでくれない、困った!と無理矢理飲ませるのに時間を費やすよりも、ぜひお子さまと一緒にお茶を淹れてみてください。素敵なティータイムになるはずです♡

さっき、この話をしていたら「知ってたら、もっと小さいころから飲ませたかった!」と言っていただけたので、ブログに書きました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- RICCO Japanでは、かわいくてオシャレな日本茶のある生活を提案し オーガニック日本茶を子育て世帯に広める活動をしています。 Instagram: https://www.instagram.com/ricco_organic/ FACEBOOK: https://www.facebook.com/RICCO.Organic 赤ちゃんも飲める、優しい味。RICCO Japanの オーガニック日本茶  農薬・化学肥料を一切使わず栽培しました。 お取り寄せはこちら https://www.ricco-japan.com/shop 母と子のためのオーガニック日本茶サロン RICCO 赤ちゃんとママの日本茶のたのしみ方をお伝えしています。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

人間の集中力は50分と言われていて 60分を超えると集中力や生産性が 徐々に落ちると言われる。 こどもと楽しむ和菓子の会は、30分間。 つくるお菓子は1人2個。 ひとつ目はお菓子の説明をして 作り方を伝えながら一緒に作る ここまで約20分 ふたつ目。同じ手順で作るのに 10分かからず完成して、(早い!) 2回目のほうが仕上がりがキレイで アレンジができたりする子もでてくる。 こどもの30分はダラダ

七草には、秋もあるようで、素敵だなーと思ったのでシェアします。「春の七草」は、お正月が明けて胃を休めるために食べる七草粥で有名。 「秋の七草」は食べたりはしないですが、目で見て楽しむもののようです あきのななくさ(秋の七草) 1.萩(はぎ) 2.すすき 3. 葛(くず) 4.撫子(なでしこ) 5.女郎花(おみなえし) 6.藤袴(ふじばかま) 7.桔梗 (black star)万葉集にある山上憶良の