うさぎりんごのはなし。


どうして起業したんですか?

と聞かれて改めて考えたので、今日はそれについて書こうと思います。

日本茶って面白いなと思いながら子育てをしていて、

オーガニック日本茶は食育に良いアイテムだなと気づきました。

そのことを子育てしている多くのママたちに自分の言葉で伝えたいと思ったから。

食のところをもう少し。

2歳の息子に「うさぎさんにして」とリクエストされてうさぎりんごを出すと、嬉しそうに食べます。りんごの赤い皮を一部分残して切った、定番のあれです。

A・ママが台所でささっと切って皮をむき、

お皿にのせてこどもが座っている食卓に出したうさぎりんご。

B・まな板、包丁、お皿を食卓に運んで、そこでおしゃべりしながら

切るところも見せて出したうさぎりんご。

どちらも同じりんごです。Bのりんごは手間と時間がかかります。でもそれ以上に、

おいしそうだなと思うこどものわくわく感をUPしたり、

もともとその子が持っている興味を引き出すきっかけになったり、

もしかしたらりんごの味さえも、

こどもがりんごを好きになるかさえも変えてしまうんじゃないかと私は思っています。

わたしはそういうことがとても大切だと思っています。

「オーガニック日本茶は安心で美味しくて、健康にもよさそうだから飲むといい」んでしょうけど、それよりも「丁寧に、想いを込めてつくられたお茶」だからこそ、少し手間と時間をかけて飲んでほしい。

お茶を淹れるのって、忙しいときは無理!と思うかたもいるかもしれません。(RICCO流お茶の淹れ方参照)だから、無理せずにママのペースで続けていってほしいです。

オーガニック日本茶サロンで赤ちゃんたちに会うたびに歯が生えたり、寝返りしたり、すごいスピードで成長しているなぁと感じます。飲んだり食べたりする量、味覚、飲んだ時の反応も日々変わっているはず。ママたちから「最初は全然飲まなかったのに、いまは緑茶飲むようになりました!」「お茶を飲ませるようになって、よく食べるようになりました。」と嬉しい声を聞けて、わたしも本当に嬉しいです。

日本茶を淹れて飲むことは、ママとの楽しい時間を積み重ねていること。だから、わたしはオーガニック日本茶は子育てのコミュニケーションにすごく良いと思っています。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

RICCO Japanでは、

かわいくてオシャレな日本茶のある生活を提案し、オーガニック日本茶を子育て世帯に広める活動をしています。

母と子のためのオーガニック日本茶サロンRICCO: 赤ちゃんと一緒に、オーガニック日本茶のたのしみ方について学べます(月2回開催)

RICCO オンラインショップは こちら

Instagram: https://www.instagram.com/ricco_organic/

FACEBOOK: https://www.facebook.com/RICCO.Organic

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



7回の閲覧
Original.png
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶