日本茶に対する想いとこれからしたいこと。


先日東京ビックサイトで行われた展示会に参加し、多くの方とお話しながら、いただいた沢山の質問を思い出しています。そのときにお話したことをここに書きとめたいと思います。

日本茶は世界に誇る文化、体感したことのない人々に試してほしい。

お湯の温度や茶器、その日の気候でお茶の味が変わる。

みんな同じに見える茶葉もよく見ると色やツヤ、香りも全然違う。

上質な茶葉を急須で淹れて飲むことは若い世代にとって特別なこと。その特別を体感したことがない人が年々増えている。こんなにおいしくて体にいいモノなのに、非常にもったいない。全国に日本茶ファンをもっと増やしたい。

自分と同じ子育て世代のママたちに地元静岡のお茶を、赤ちゃんにも親しみやすいカラフルなパッケージで伝えたいと思います。お茶の楽しさを手軽に実感してほしい、そんな想いで始めます。


静岡茶の新しい試みを提案したい。

日本茶の消費量は年々減少傾向にあり、ペットボトルのお茶や加工用茶葉が増えている。赤ちゃんは緑茶を飲まないよ。お茶屋を始めようと思ったときに沢山の方から言われた言葉です。老舗お茶屋に嫁ぎ、そこで味わって感動した日本茶の味。自分の子供と一緒に飲めないなんてさみしいな。お茶飲まないほうがいいのはどうしてなのか?何か方法はないのか?それがきっかけでした。

虫歯予防、冷え解消、知的作業能力アップなどベビーにうれしい栄養がたっぷり含まれている煎茶。RICCO Japanでは、赤ちゃんと一緒に日本茶を楽しむことを大切に商品展開したいと思います。赤ちゃんの飲み物って、どれが安心なんだろう…と不安になったり、煎茶って飲ませていいの?カフェインは?など私自身も以前から気になっていたポイントを解説しながら、自宅で日本茶を手軽に取り入れるコツをお伝えしていけたらと思います。

RICCO Organicから発売した、赤ちゃんの煎茶は農薬・化学肥料を一切使用せず栽培した、苦くなくてさっぱり飲める赤ちゃんのためのお茶です。8月26日(金)羽村市のあおぞら保育園さんで赤ちゃんとママのお茶試飲会を開催致します。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもとたのしむ有機茶Kids TEA

【水出しでお茶をたのしむ理由】 いちど沸騰させ、じっくり冷ました湯冷まし。 これを使ってお茶を淹れると、 うまみ成分である「テアニン」をじんわりと引き出すことができます カテキン、そして微量のカフェインをバランスよく抽出できます 沸騰したてのお湯で淹れると、煎茶の苦味、渋味が強く出ます。 (緑茶の性質によるもの) 本来味わいたいお茶の旨味や繊細な香りが隠れてしまいます RICCOの水出しでおい

12月8日は、有機農業の日(オーガニックデイ)

各所で有機農業の日のお知らせを目にします。年々、オーガニックに関心のある方が増えている、有機について様々な方の意見や取り組みを聞く機会が増える。ただ日々をこなしていくのではなく、近い将来の子供たち、自分自身へつながる暮らしを築いていく。身近なこと、日々のことから少しずつ、未来につながっていけたら素敵だなと思います。 --- 農業の未来は、私たちのミライ。 有機農業推進法の成立・施行から 10 周年

Original.png

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon