top of page

こどもと一緒にたのしむ、オーガニック日本茶



RICCO Organicが扱うお茶はすべて静岡県産の有機栽培(オーガニック)茶。こどもが飲めるお茶をつくりたいと思い聞いて見て調べて探したら、この茶葉にたどり着きました。

商品にオーガニック(有機栽培)と表記するためには、国のさまざまな規制があります。オーガニック認証を取得するための費用はもちろんのこと、農園の認証がされるまでに年数がかかります。有機工場での生産には日々入念な清掃が不可欠で、製品を袋詰めする際も表記やラベルの申請があり、許可された有機認証工場以外の場所では作業ができないなど厳しい制約があります。すべてをクリアするには多くの人と、その管理体制が必要です。

カフェインを極限まで少なくしたお茶も候補にありましたが、こども達が飲みやすい味、香りと美味しさ、そして農薬・化学肥料を一切使用せず栽培した茶葉であることを優先しました。そして何より、このお茶をつくっている方々を訪ねて、実際の美しい茶畑から工場すべてを見せてもらって、感激したことがいちばん大きいです。

「お茶は信頼できる生産者から買うように。」

義実家の父は1927年創業老舗茶屋の店主で、いつも私にこう言います。美味しくて上質なお茶であることは当然。そこにはいつも理由があります。お茶をこれから長きにわたり販売していくからこそ、私は素敵な生産者の方々が本当に熱い想いでつくったお茶を、おしゃれにかわいく販売したいと思っています。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

人間の集中力は50分と言われていて 60分を超えると集中力や生産性が 徐々に落ちると言われる。 こどもと楽しむ和菓子の会は、30分間。 つくるお菓子は1人2個。 ひとつ目はお菓子の説明をして 作り方を伝えながら一緒に作る ここまで約20分 ふたつ目。同じ手順で作るのに 10分かからず完成して、(早い!) 2回目のほうが仕上がりがキレイで アレンジができたりする子もでてくる。 こどもの30分はダラダ

七草には、秋もあるようで、素敵だなーと思ったのでシェアします。「春の七草」は、お正月が明けて胃を休めるために食べる七草粥で有名。 「秋の七草」は食べたりはしないですが、目で見て楽しむもののようです あきのななくさ(秋の七草) 1.萩(はぎ) 2.すすき 3. 葛(くず) 4.撫子(なでしこ) 5.女郎花(おみなえし) 6.藤袴(ふじばかま) 7.桔梗 (black star)万葉集にある山上憶良の

月餅(げっぺい)というお菓子がある。 月餅のバリエーションはあんこだけじゃなくて、 色んな味があると教えてもらった。 たまごの黄身が入ってる月餅がおすすめ、と聞いてすごく気になって。 近所のお店に早速いってみるとほんとだ、月餅が4種類ある。わくわくしながら買ってこども達と試食。たしかにたまご入ってる月餅、塩味がきいてておいしい。胡麻とナッツが入ってる月餅も深みがあって好き。 月餅っておいしい。こど