top of page

こどもが快適に使えそうなもの〜食事編〜

長男に初めての積み木を選んでいたとき、おもちゃ売り場の店員さんのアドバイスがすごく衝撃だった。

積み木はメーカーによって木の質感、大きさ、重さ、積んだ時に上手に重なるか、倒れにくいかがけっこう違っていて、不快が少ない方が遊びに集中できる。

繰り返し遊ぶことで「このおもちゃ好き」とか、「なんかあんまり」、と分かれるみたい

これを教えてもらってから、「こどもが食事のときに快適に使えるもの」を調べるようになった。積み木と同じで、質感、大きさ、重さ、快適に上手に使えるかがかなり重要。よく聞かれる、使ってよかったアイテムを書いておきます。

こどものお箸

もうお箸使えるの?とよく言われてきたうちのこども達が、ずっと使っているこども箸はこちらのお店。「持ちやすいお箸の長さは、手の長さ+3cm」らしい。 年齢というか手の大きさによって、手になじむ長さが微妙に違う。だから成長とともに買い替えるとこども達は快適に使える。使いやすいと集中して食べられるかな。ここのお店は良心的なお値段で、1cm刻みでサイズ展開しているからすごくありがたい。小学生になるとそんなに買い替えないけど、幼児はしょっちゅう買っていた気がする。靴を買い換えるタイミングと同じくらいかな。

のみものをいれるコップは大きすぎ手に持ちやすいもの、 お茶の色が分かる白または透明のものがおすすめ。 うちでは陶器、ガラス、プラスチックのものも使います

こども達が急須でお茶をいれるときはこの湯のみ↓ 和菓子教室でも使っていて、重ねられるから便利

厚手の耐熱ガラスで、

オーブンや食洗機もOK


もずくとか、少し野菜を添えたり

少量のドレッシング混ぜたり

ココットみたいな使い方もできる


こどもの急須

急須はたくさん試して、茶こしの素材、深さ、持っても重くない容量のおすすめは今のところこれを。プラスチック製で軽くて、注ぎ口がキレイ。お茶の葉っぱや色がよくわかるからお気に入り。

茶こしがついているプラスチック製ボトル。これも便利。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

こどもわがし固定席1期生の声

毎月通っている方のアンケートより(一部) ▪️とにかく楽しい 「ものを作ることが大好きなので本当に楽しんで参加している」 「毎月の和菓子教室をワクワクして待っている」 「いろんな味を体験したり、手先を使う作業が魅力的」 「次は何を作るのかなと、楽しみにしてくれている」 「自分が作ったものを家族に食べてもらったり、感想を言ってもらえて嬉しそう」 ▪️技術も身に付く 「手先は器用な方ではないと思います

わがしスタジオをつくります

こどもわがしは、2022年の夏に自宅の片隅で始めた和菓子教室です 毎月50名弱のお子さんが参加して、楽しくお菓子作りをしています お菓子にまつわる日本文化や、行事のこと、四季について、 おしゃべりもします 小さなお子さんも楽しめるように 毎回ではないですが参加型のクイズにすることが多いです 教室に通っている理由をきいてみました、 ・作ることが大好きなので ・和菓子にふれ、興味を持ってもらうこと ・

こどもわがし教室について(2024)

いつもこどもわがし教室をご利用いただき、ありがとうございます 2024年4月1日より以下の通り参加費の改定をさせていただくことといたしました 3歳6ヶ月未満のお子さまで初めての方は、おやこわがし教室にご参加ください ▫️青戸教室  定員4 6ヶ月参加(固定席) こどもわがしA(基礎)2300 こどもわがしB(応用)2300 こどもわがしAB(基礎+応用)4500 3ヶ月参加(固定席) こどもわがし

bottom of page