About RICCO

「小さなこども達と一緒に飲める安心なお茶」をコンセプトに
2016年より有機日本茶の通信販売をしています。

夫の実家が日本茶専門店を営んでいたことがきっかけで、お茶に興味を持ちました。緑茶は栄養価が高く、美容にも、こども達の食育にも、家族の健康を守るのにぴったりな万能な飲みもの。なにより、いれたての緑茶が、本当に美味しくてはまってしまったというのが本音です。

おやつの時間に家族で一緒に日本茶をいれて飲んで、「お茶おいしいね」とか、「園でこんな遊びをしてるよ」と子供達のおしゃべりを聞いて、ほっとひと息、家族でゆったり過ごすっていいな、と幸せを感じています。

リッコはイタリア語で豊かという意味があります。お茶で豊かなひとときを。美味しくて安心な有機日本茶を、現代のキッチンやオフィスになじむパッケージに詰めました。日本茶のギフトって、とても粋で贈る人を選ばない。特別でない日に「いつもありがとう」の気持ちとともに、ささやかに日本茶を贈る。そんな日お茶ギフト、いかがでしょうか。

​こども日本茶カウンセラー🄬増田 真梨

About Us (Mari Masuda)

こどもが淹れた一杯のオーガニック日本茶がはじまり


息子が2歳になった頃、ちいさな手で急須を持って、ふたを片手で支えながら淹れてくれました。そのお茶はいつもよりも美味しくて、ほっこりしながら飲みました。そんなこどもの姿をみながらふと、オーガニック緑茶を飲むようになってからの生活を振り返った日がありました。お茶だけでなく、日々使うものがシンプルになった。加えるものは少なくて、本質をたのしむことができるもの、コトを選ぶ自分がいた。食べるものや、肌につけるもの、生活スタイルがぐっと、ていねいな暮らしに変わっていたことに気付いた瞬間でした。

日々無理なく続けられるものを、オーガニックにしたい

オーガニックの良さを知ると、身の回りすべてをオーガニック製品にしたくなります。でも、無理なくはじめて、長く続けられるものから、ゆっくり始めるのがいいと思っています。あれこれ気軽に取り入れるのではなく、ひとつひとつをじっくりと楽しんで。それを継続する心のゆとりがあると、そのものの良さがより実感できると思うからです。わたしは、身近な大好きな人と一緒にその価値を楽しめることを大事にしたいと思いました。美味しい野菜が食べたくて、有機野菜を2週間に1回くらいのペースでお取り寄せしていました。調味料を加えない離乳食に使ったり、シンプルな味付けをして食べたり、丁寧につくられたお野菜の美味しさを楽しむようにしました。そののち、夫婦で飲めてこどもも一緒に飲める有機緑茶ができあがっていきました。家族で楽しむお気に入りのラインナップに加わったのです。食べもの、肌につけるもの、生活スタイルがぐっと、「ていねいな暮らし」に変わる。シンプルで、加えるものは少なくて、本質をたのしむことができるもの、コトを自然と選ぶようになる。良いと思えたものに出会ったら、それが好きと思ったら、長く続けて使うたびに良い気持ちになれたら素敵だなと思います。

Original.png

オーガニック日本茶通販専門店RICCO | 有機 お茶

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon